「検索知名度」とは? どう解釈すればいい?



まずはこちらの記事をご覧ください。

http://jp.techcrunch.com/2012/11/30/20121129searchman-gives-developers-at-a-glance-info-about-their-apps-discoverability-with-new-search-visibility-scores/


「検索知名度(Visibility Score)」の計算式:

注: 日本のアプリは、検索回数(Volume)データが入手不可能であるため、AppStore全体で当該キーワードを含むをアプリ数を検索回数(Volume)の代わりに用いて計算しています。 「Accessibility」とは? Accessibilityとは、検索結果における各順位にあるアプリがどの程度、ユーザーにアクセスされるかを表す指標です。デバイスごとに異なります: ・iPhone (iOS6): 各ビューごとに1アプリずつしか表示されないため、1位=100として、順位が一つ落ちるごとに90%が乗算されます。 ・iPad (iOS6): 各ビューごとに6アプリずつ表示されるため、第1ビュー(1〜6位)=100として、ビューが増えるごとに90%が乗算されます。 ・Android/Google Play: 各ビューごとに6アプリずつ表示されるため、第1ビュー(1〜8位)=100として、ビューが増えるごとに95%が乗算されます。 検索結果順位とAccessibilityの関係をグラフで表したものが下図です。他にもより良い計算式のアイディアをお持ちの方は、弊社までご連絡ください。


この指標は、SearchManがアプリ開発社の方が、ひと目で検索結果での発見されやすさを簡単に把握できるようにするために計算しているスコアです。Apple/Googleが詳細なデータを公開し次第、これらの指標をより正確なものにアップデートしていく予定です。


フィードバックとナレッジベース